×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ちと反ショートショート−どこからか飛んできてメニューが表示されていな人はここをクリック

アリとキリギリスとその他の教訓



夏。

アリたちが列をなし、せっせと食料を巣へと運ぶのを横目に、キリギリスはポロリとギターを爪弾いた。

「おい、キリギリス。お前遊びほうけとって大丈夫なんか?」

「何がだい。」

「食いもんのことさ。今に冬になって寒さんなか飢えることになっちまうぞ。」

「おいおい。大丈夫さ。俺はデラシネ。流離いの身さ。それに冬になるまでには寿命で死んじまうだろう。」

「そんなこといって。わしらは知らんぞ。」

「ははは。心配ありがとよ。礼に一曲歌ってやるよ。」

キリギリスはギターを鳴らし情熱的なフラメンコを歌った。

アリたちは「やれやれ」といいながらも、皆一様に笑顔だった。



翌日。キリギリスはアリの巣の前で震えていた。



「ばかげてる。まったくばかげてる。」

巣の中にはピクリとも動かないアリたちの姿があった。

アリたちがせっせと巣に運んでいたのは、人間たちが仕掛けたわなだったのだ。

そしてアリたちがマジメに働けば働くほど、人間の撒いた毒入りの餌はアリたちの体を蝕んでいた。

「ばかげてる。まったくばかげてる。」

キリギリスはアリの巣の前で「ギーチョン」と鳴いた。

そして鎮魂歌を奏でた。

世の不条理に濡れた、悲しみのブルースだった。



次の話を読む