×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ちと反ショートショート−どこからか飛んできてメニューが表示されていな人はここをクリック

白雪姫とその他の教訓



@

おきさきさまは、自分のことを世界で最も美しいとしんじて生きてきました。

そこでおきさきさまは鏡にむかってこうたずねました。

「鏡よ鏡よ鏡さん。世界でもっともうつくしいのはだぁれ?」

すると鏡がこう返事をしたのでした。

「それはおきさきさまの義理のお嬢さま、白雪姫にございます。」



教訓:ドラッグはダメ!ゼッタイ!



A

自分よりも美しい白雪姫のことが許せないおきさきさまは、猟師に白雪姫を森で殺害するように命じました。

しかし心優しい猟師は白雪姫を殺すことができず、姫を森の中に逃れさせてあげました。

さて、森の中をさまよう白雪姫ですが、やがて森の中で七人の小人とであいました。

そして白雪姫は、七人の小人と仲良く暮らしはじめたのでした。



教訓:ドラッグはダメ!ゼッタイ!



B

なんと王子様がくちづけをすると、白雪姫が目をさましたのです。

その様子をみていた七人の小人は大喜びします。

「やったー!」
「白雪姫がめざめたぞ!」
「ハイホー!」
「ばんざーい!」
「よーしみんなで踊ろう!」
「ハイホー!ハイホー!」
「ひゅー!!」
「ひゃっほーい!!」
「ハイホー!」
「イエーイ!」
「ひょー!」



教訓:ドラッグはダメ!ゼッタイ!



次の話を読む