×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ちと反ショートショート−どこからか飛んできてメニューが表示されていな人はここをクリック

ロマンチスト



夜景の見えるホテルの高層階。
男は女の肩に腕をかけ、耳元でつぶやいた。

「綺麗だね」

女はうっとりとした表情で身をくねらせ、それに答えた。
男は胸の高鳴りを感じた。

「月と星と僕らの下に広がる無数の輝き。今夜は君と僕、二人のものなんだよ」

女は「まあ」とつぶやいて、恍惚とした表情を浮かべた。
男もまた自分の言葉に酔いしれた。

「僕は幸せだ。今僕の目の前に、世界で最も美しいものがすべてあるのだから」

二人は自分たちが完全なる「美」の中にあることを感じた。
悠久の美の幻影たちを追い求め、恐ろしき美が生まれそうな夜だった。

そして二人は身を寄せ合って、呪われた人間存在の罪を確かめ合った。


つまりセックスしてクソして寝たのだ。


次の話を読む