×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ちと反ショートショート−どこからか飛んできてメニューが表示されていな人はここをクリック

偽りのない味



「シェフ、このステーキ、おいしいよ。」

「ありがとうございます。そのお肉は、牧場の方が手塩にかけて育てた牛を今朝絞め殺し、その遺体から採取したフィレを焼いたものでございます。」

「あ…。あ、魚もおいしいね。」

「はい。その魚はつい先ほどまで生きていたものを厨房で刺殺し、ソテーしたものでございます。死にたてですので新鮮ですよ。」

「う…。あ、この鳥も…」

「この鳥はうちの庭でひよこのころから育てたピヨちゃんを、お客様からご注文を受けてから早急に締めたものでございます。ピヨちゃんはよく走り回る子だったので、ピヨちゃんのモモ肉、さぞ美味しかったことにございましょう。う、うぅ…。」

「あーそう…。あ、君。このポタージュスープも…。」

「角のコンビニで買ってきたものでございます。」

「うむ。どおりでほっとする味わい。」


次の話を読む