×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ちと反ショートショート−どこからか飛んできてメニューが表示されていな人はここをクリック

ラブコール



また君の声が聞きたくなって、僕は受話器を握る。
だけどこのごろ電話しすぎだろうかと不安になって、少し躊躇する。

このごろの僕はいつもこんなだ。

初めて君の声を聞いたとき、僕は一瞬で恋に落ちた。
一目ぼれなら聞いたことがあるけど、「一耳ぼれ」なんて聞いたことがないよね。
そんなことを思うと、なんだかちょっと可笑しかったりするんだ。

やっぱり君の声が聞きたいから、僕は受話器を取って君の番号を押す。

するといつものように君の声が受話器の向こうから聞こえてくる。



いつもとおんなじ君の声。

お決まりの台詞…。



「午前、三時二十一分三十秒デス」


次の話を読む