×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ちと反ショートショート−どこからか飛んできてメニューが表示されていない人はここをクリック

クローン



俺のクローン。

どこからどう見ても俺である。

ははは。鎮座しておわすよ。

しかも、言動、思考まで俺っぽいときたもんだから、楽しいったらありゃしない。



さっき新聞勧誘が来た時、ありゃあ良かった。

「うるせえ!お呼びでねえ!」

と二人同時に叫んだもんだから、新聞勧誘、あいつには声がダブリングで聞こえたんだねえ。ははは。

すっ飛んで帰ってった。



これで一時退屈しないわ。

てぇいかんいかん。これでは高い金払ってこいつを作らせた意味がねえ。



「おい!俺!」

「なんだ?俺」

「俺。仕事行ってこい」

「何だ。俺は仕事してんのか。信じられん。」

「お〜してるともしてるとも。それが嫌で俺という名のお前を作ったんだからな。」

「そっかそっか。はは。分かるぜ。俺と言う名のお前。」

「てぇわけでね。あとはよろしくね。」

「・・・・」

「おい、何やってんだ。早くいけよ。」

「・・・あのさあ」

「何だ?どうした?」

俺のクローンは照れくさそうに言った。



「もう一体作ってそいつに行かせようぜ。」



次の話を読む