×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ちと反ショートショート−どこからか飛んできてメニューが表示されていない人はここをクリック

リッチマン



悪がなければ正義は成り立たない。

やむを得ぬのでここは一つ、悪があったことにしようではないか。



ここに悪があった。



彼らは善や偽善を嫌い、脆弱なる人類を滅ぼそうと企む、まさに悪い者達なのであった。



今日も悪が町を荒らす。

暴力、盗難、強盗、殺人、痴漢、セクハラ・・・



町は怒りで溢れ、互いに呪い、罵り、殴りあう。

飛び交う奇声、悲鳴、怒号・・・狂気。



しかし案ずることは無い。悪あるところに正義はあるのだ。



彼方より如何にも正義然とした笑い声がこだまする。

「ハッハッハッハッハ」

日夜命をかけて世界を守る、正義たる正義。

彼の名はリッチマン。



「大丈夫かね。一般庶民の君たち!」



リッチマンは戦う。

悪と戦わねばならぬ。

彼の使命は一般庶民を守ることであり、また同時にそれは彼の唯一の存在意義なのだ。



彼は戦う。正義然として、あの手この手で悪を打つ。

さあさゆけゆけリッチマン。戦え我らがリッチマン。



かくして体を張り、今日も偽善たる庶民を悪の手から救ったリッチマンであるが、不思議なことに救われた「一般庶民」たちは、誰一人としてリッチマンを愛そうとせぬのであった。







次の話を読む