×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ちと反ショートショート−どこからか飛んできてメニューが表示されていない人はここをクリック

時間は流れる



喧嘩別れした彼女と、3年ぶりに再会した。

あの頃は、岩のように角質化した二人の関係だったが、時とともにそれはほだされ、そう丸くなっていたのだ。



久々に会う彼女は、以前より少しふくよかになったように思えた。

僕が口を開こうとした時彼女は笑いながら言った。

「あなた、前より少し、丸くなったんじゃない?」



僕たちは、3年前の出来事がまるで嘘であったかのように、ニコニコしながら話をした。

前より丸くなった二人は、まるで転がるボールのように、コロコロと川原を歩いた。

そして夕日でキラキラ光る川面をぼんやりと眺めたのだった。



川辺に転がる丸い石ころを拾おうとすると、ふと先ほどの彼女の言葉が浮かんだ。



「あなた、前より少し、丸くなったんじゃない?」



本当にそうだねえ、僕は言おうと思ったが、彼女が空を仰いでいたものだから、釣られて僕も空を見た。

そこには永遠の時を超えた星々、月、そして太陽が、まん丸として輝いていた。



そう、つまり時間とはそうやって流れているのだ。



次の話を読む