×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ちと反ショートショート−どこからか飛んできてメニューが表示されていない人はここをクリック

サイレントナイト



少年はサンタクロースの存在を信じなかった。

とはいえ、はなからその存在を疑っていたわけではなく、むしろ昨年までは誰よりも強くその存在を信じていたのであった。



昨年のクリスマスでのできごとだ。

あの日、彼はサンタクロースがやってくるのを起きて待っていようと決心していた。

世界中の子どもたちを代表して、お礼を言うつもりだったのだ。

両親から「眠っていないとサンタさんは来てくれないんだよ」と言い聞かされたので、眠ったフリをして待っていた。



夜中。「起きていよう」と堅く決心した少年も、さすがに眠たくて仕方がなくなり、うつらうつらとしていた。

その時彼の部屋の扉の開く音が聞こえた。

少年ははっとした。きっとサンタクロースが来たに違いない。やっとサンタクロースに会えるのだ。

胸の高鳴りを抑えつつ、少年はゆっくりと静かに目を開いた。



しかし少年の瞳に映ったのは、彼が夢見た光景ではなかった。

やってきたのはサンタクロースではなく、プレゼントを抱えた彼の父親だったのである。

少年は心からがっかりした。

これまで信じていたものが、がたがたと音を立てて崩れ去ってしまったような気がした。

枕元にプレゼントを置く父親の姿は、少年がサンタクロースの存在を否定するのに充分な事実を物語っていたのだ。



その日以来、少年はサンタクロースを信じなくなってしまった。



しかし少年は、彼があの日見たことを他の誰にも明かさなかった。

そうすることで、友達の夢を、そして両親の優しさを傷つけてしまうのだと考えていたからだ。

少年は他人のことを思いやれる、本当に心優しい子どもだったのだ。



眠りにおちた少年の枕もとにプレゼントを置くと、父親は少年に優しくキスをした。

「心優しい僕の坊や。行ってくるよ」

彼は真っ赤なコートを羽織ると、トナカイのそりに乗って冬の夜空へと飛び立っていった。



メリークリスマス



次の話を読む