×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ちと反ショートショート−どこからか飛んできてメニューが表示されていない人はここをクリック

輪廻転生



ある日彼は思いついたように私に言った。



「君は私なんだ。」



私はそのとき激しいデジャブに襲われた。

はるか昔・・・いや今だ。彼である私は私に向かって同じ台詞を言ったのだ。



そう、解ったのだ。前世が必ずしも過去であるとは限らないことが。



次の話を読む