×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ちと反ショートショート−どこからか飛んできてメニューが表示されていない人はここをクリック

電話



ある日電話が鳴った。

夜中の2時ごろだったと思う。携帯ならまだしも、鳴ったのは家の方だったから少し驚いた。

2コールほどで電話は切れてしまった・・・・



その日からだった。

毎晩毎晩夜中の2時になると必ず電話がかかってくる。しかも日に日にコールが長くなってきた・・・。

まるで私に出ろとでも言わんばかりに・・・。



怖い・・・不気味だわ・・・。



きっとストーカーに違いない。あいつだわ。きっといつもマンションですれ違うあいつが・・・。

ほら今日も始まった。



トゥルルルル・・トゥルルルル・・・・トゥルルルル・・・・



・・・あぁ・・・・もう・・・・・いい加減にしてよ!!!





まったく・・・。近頃の生きてる奴らはつまらん。

闇に姿を現せば、やれ心霊スポットだと騒ぎ立てられる始末・・・。

かといって姿を隠して怖がらせようとしても、「うわぁ!ストーカーだー!」。

怖いもの知らずもいいとこだ、まったく・・・。俺たちより、生きた人間の方が怖いってことか?はぁ〜信じられん。

昔はよかった。昔は落ち着いて、ゆっくり奴らを怖がらせることが出来たってもんだ。



出ても隠れても駄目となると・・・いよいよ幽霊稼業も潮時だなぁ・・・。



次の話を読む