×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ちと反ショートショート−どこからか飛んできてメニューが表示されていない人はここをクリック

電車の少女



少女は私の真向かいに座っていた。

今時珍しくよくしつけられているようで、ごねることも騒ぐこともなく、おとなしく座っている。

顔も非常に可愛らしく、将来は有望だ。



電車が住宅の多い駅に停まると、少女は改札まで迎えにきた両親の姿を見つけ、嬉しそうに降車した。



その際軽く目が合ったので、私は微笑み手を振った。

しかし彼女はそっぽを向き改札の方へかけて行った。



私は少しがっかりしたが、まあ仕方が無い。





よっぽど霊感が強くない限り、気づいてもらえはしないさ。



次の話を読む