×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ちと反珍道中(旅行記)−どこからか飛んできてメニューが表示されていない人はここをクリック

J思い出のために





危うく諦めてしまうところだったが・・・・・かろうじて思い出した・・・






あつい想いを・・・・











青春の煌めきを・・・・














あの日のトキメキを・・・・























俺たちの青春はあの混浴しかないということを

















なんとしてもたどり着かねば!!!!














実は・・・・この旅が始まったときから・・・・みんな気づいていた。

労さずに、しかも確実に目的地へたどり着く方法を・・・・



ただ・・・・あまりの恐怖で・・・・実行できなかっただけだった。





















部活を引退してからも、ずっと頭が上がらないあの人に・・・・
半端なことなど通用しないあの人に・・・・

そう・・・・あの混浴へ連れて行ってくれた当の本人、バスケ部の顧問だった先生に・・・・直で聞いてしまう・・・・という・・・・・






それは僕らにとって恐怖の選択だった・・・・。

できることなら取りたくない手段だった。

だからこれまで、誰もそのことを口にしなかったのだ。



だけどそれは、今の僕らに残された、唯一の方法でもあった。





あれだけ世話になっておきながら、引退後、僕らはきっぱりバスケを辞めてしまった。

本当に恩知らずなことだと思う。

そんな恩知らずの僕らが突如電話してきて、「混浴のあった温泉の場所を教えろ」とほざいたとして・・・・













いったい何を感じるだろうか・・・・













そうだね。





































怒りだね





































こうして恐れていたことだけど・・・・今僕らは決断しなくてはいけない・・・・













捨て身で顧問の先生に電話するか























指を咥えて帰路につくか

























このまま帰るなんてまっぴらごめんだ





























車内に緊張が走る














今まさに時が来たのだ。
















まず手始めに、顧問の先生の電話番号を手に入れねばならない。

まぁでもそれはJ君の実家にでも連絡すればすぐにわかるな。


じゃあ早速、J、お前家に連絡しろ・・・。















プルルルル

























プルルルル





















プルルルル



















プルルルル












































「あ・・・・姉ちゃん・・・・・・?Googleで河童の湯って検索して欲しいんやけど・・・・」























・・・














・・・・・























その手があったか・・・・





Kへ続く

続きを読む