×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ちと反珍道中(旅行記)−どこからか飛んできてメニューが表示されていない人はここをクリック

H美女と入浴



結局脇田から、直方にある「河童の湯温泉」へと道に迷い道に迷い・・・・約一時間・・・



着いた先には、確かに「河童の湯温泉」があった。

少し丘がかった上にその建物はあり、近くには小川が流れていた。

なるほど、小川が近くにあるために、この温泉は「河童」と名づけられたのだな、などと僕らは考えていた。



そしてとうとう入浴したのだ。







































思い出の欠片も無い温泉にね。

































みんな着いた瞬間のハイテンションに負けて・・・言い出せなかったのかな・・・?



ぱっと見で、すでに何か違うってことをさ



いやひょっとしたら「中に入れば・・・もしかしたら・・・」という望みを断ち切れなかったのかもしれない・・・。



でも

言っちゃうよね



うん解る解る。







俺たちまだわかいんだから









この素直な気持ち大切にしようよ。











さあ、勇気を出して言ってみよう。















何処だよここ!!!???







何でこんな思い出も何も無いところに4時間もかけて来るんだよ!!













でもこの温泉の受付の人によると、河童の湯という名前の温泉は、福岡近辺ではここだけらしい・・・。



あぁ・・・そういうことか・・・・きっと僕らの思い出の河童の湯って・・・どこかの温泉の・・ほんの一部分の呼び名だったんだね。

きっとあの混浴部だけが河童の湯っていう名前だったんだね。

きっとこういうのが、青春の涙っていうんだね・・・





彼を返して。 彼を返して。 彼を返して。 彼を返して。 彼を返して。 彼を返して。 彼を・・・





おい!!気を確かに持てよ!N君(久々登場)!!



まぁそんなこんなで・・・この温泉は腹八分に留め、本当の思い出の地を求め・・・僕らは再び走り始めた・・・。



本当に遅刻しそうなのでIへ続く。

続きを読む